お仕事ガイド

(2011年12月現在)

看護助手

看護師
看護師の人手不足を解消する期待大
看護助手 看護師や医師などスタッフの仕事をバックアップする役割の人のことをいいます。
看護助手は、免許が必要な看護師とは違って、何の資格も持たずに就職することができるという特徴があります。ですから、今後看護助手の医療界における役割は重要になってくるのです。
看護助手は、患者の身の回りの世話ということが主な仕事になってきます。ですから、医療業界だけでなく、介護の領域においても求められる職業ということもできます。介護は身の回りの世話が大きなウェイトを占めてくるからです。
看護助手になるためには、別に必須の資格というものはありません。誰でも看護助手になることは可能です。しかし現在では、看護助手の人たちのための民間団体が作った資格というものが登場してきています。もし、民間資格を持っていると、看護助手として就職をするときに有利に働く場合もあります。また、看護助手の資格とは別にホームヘルパーや介護福祉士といった資格もあります。
これらの資格を持っているという看護助手の人も少なくありません。
むしろホームヘルパーや介護福祉士といった資格を持っていると、就職に一番有利に働くのではないかと見られています。
看護助手の仕事で大きなウェイトを占めるのが、患者の身の周りの世話についてです。特に近年の日本は高齢化社会といわれています。ですから、医療機関の入院患者にしめる高齢者の割合というのは年々増加しているといわれています。
高齢者の場合、日常生活において常に介護の手が必要なケースが多くなります。このため、介護の資格を有している人というのは重宝されるので、看護助手の人材の中でも特に求められる資格といわれています。

受験資格

無資格でOK(但し介護系の資格を持っていると有利)

この資格に関連する求人情報を検索する

職種 看護助手

都道府県

お仕事ガイドTOPへ