お仕事ガイド

(2011年12月現在)

准看護師

看護師
看護への第一歩
准看護師 医師、看護師の指示のもと、病院や診療所などで患者の看護にあたり、診療の補助的役割を果たします。
この資格取得後、看護師養成機関で2年間修業・卒業し、国家試験に合格すれば看護師になることが出来ます。准看護師は、もともと看護師制度を補うことを目的に昭和26年に発足しました。
資格は2年制の准看護師養成所又は高校の衛生看護科を卒業後、都道府県が実施する試験を受けて取得します。准看護師から進学して国家資格に合格すれば看護師となり、収入もアップします。
看護師として実務キャリアを積み、継続的な卒後教育を受講すると、認定看護師、専門看護師になれます。さらに助産師や保健師への道、あるいは訪問看護師にと将来性は高いです。

受験資格

  1. 高校卒業後、文部科学大臣が指定した学校で2年以上、看護に関する学科を修めたもの
  2. 高学校卒業後、厚生労働大臣の定める基準に従い、都道府県知事が指定した准看護師養成所を卒業した者
  3. 看護師国家試験の有受験資格者
  4. 外国の看護師学校を卒業、又は外国で看護師免許を取得したものうち、看護師国家試験の受験資格のないもので、都道府県知事が認定した者

この資格に関連する求人情報を検索する

職種 准看護師

都道府県

お仕事ガイドTOPへ